今すぐ歌いたい!子供と楽しく歌える遊び歌3選

子供と一緒に歌を歌おうと誘われたことはあるでしょうか?
きっと幼稚園や保育園に行っている子供ならそこで習った歌を家に帰っても歌う、ということが多いと思います。

大人が知らない歌でも、子供が口ずさんでいるうちにいつの間にか覚えたという経験はありますか?
こちらでは楽しく歌える子供向けの遊び歌をいくつか紹介していきます。
声を出して歌うということは楽しい気分になりますし、頭にも良いので、ぜひ試してみてくださいね。

手遊び歌

特に歌いながら手も使う「手遊び歌」はとても楽しく、子供が歌うと可愛らしいですよね。
「グーショキパーでなにつくろう」はとても有名で誰もが知っているのではないでしょうか?
歌の名前通り、グーチョキパーでカニやカタツムリ、ヘリコプターなどを作って遊ぶ歌です。
幼稚園、保育園では必ずと言っても良いくらい歌うことがあるのではないでしょうか。

ミッキーマウスマーチ

ディズニー好きの子供には「ミッキーマウスマーチ」がおすすめ。
1から5の数字と手を使ってディズニーの仲間達を作り出します。
1はピノキオ、2はドナルドダック、3はチップとデール、4はダンボの耳、5はミッキーマウスとなっています。
とても可愛らしいし、簡単なので子供も楽しく歌って覚えるのではないでしょうか。

ひげじいさん

最後に、「ひげじいさん」の歌はいかがでしょう?
これにはアンパンマンと普通のバージョンがありますが、圧倒的に子供に人気なのはアンパンマンバージョンです。
アンパンマンをはじめ、アンパンマンの仲間達が歌に登場します。

そんな可愛らしい子供たちの姿を記念写真に納めませんか?
オススメは、スタジオエイメイです。
東京都内に3店舗構えている写真館なので、便利に使えますよ。

ベビーベッドの基本的な大きさについて

赤ちゃんのためにまず用意するものといったらベビーベッドですよね。
大きいものですし値段も安くないので慎重に選びたいところです。

大きさは色々あって、小さいものですと60×90cm、63×100cmくらい、だいたい標準サイズが70×120cm、そのほかですと伸長型があります。
赤ちゃんの成長に合わせて大きさを変えることができたり、お世話をするお母さんの腰の負担を減らすために高さを調節できるものもあります。

最近ではベッドの下が収納になっていることが多く、おむつやおもちゃをしまうことがでは便利ですが、掃除をする際にベビーベッドを動かしにくいという方には下に隙間が空いているタイプのほうが掃除機のノズルが入れやすいのでおすすめです。
どちらを選ぶかは住んでいる環境によっても変わってくるかもしれません。

赤ちゃんがアレルギー体質の場合は無塗装、無着色のベビーベッドを選んだほうがいいと思います。
様々なタイプのものがあるのでよく考えてから購入しましょう。

コンパクトサイズのベビーベッドについて

赤ちゃんが生まれるとわかったらまず買い揃えるのがベビーベッドですよね。
寝るのがお仕事の赤ちゃんにとっては必需品です。
一日のうちの大半はベビーベッドで過ごすんですから、居心地の良い空間にしてあげたいですよね。

でも赤ちゃんのお世話をするお母さんにとってもベビーベッド選びは需要です。
やっぱり機能性がよくて使い勝手が良いものがいいですよね。
お世話をするお母さんの体の負担を気遣うなら背の高いベッドのほうがいいようです。
おむつ替えの時や赤ちゃんを抱き上げるときなどは高いベッドのほうが腰に負担がかからないのでおすすめです。

色や素材なども様々ですが、大きさへのこだわりも皆さん様々なようです。
赤ちゃんがゆったり過ごせるように大きめがいいという人もいれば、場所を取らずコンパクトなサイズのほうがいいという人もいますよね。
それに小さいベッドのほうが部屋から部屋への移動も楽ちんで、組立も簡単です。
素材はやっぱり日本製のほうが安心という意見が多いようです。

ベビーベッドの役割

赤ちゃんが安心して眠る場所としてベビーベッドはとても大切なものです。
ベビーベッドの中にいることで様々な危険から守ってくれるという長所もあります。
家の中は安全に思えても赤ちゃんにとっては様々な危険が潜んでいます。
赤ちゃんには家の中にある全てのものが興味深いので、なんでも触ったり口に入れたりする可能性があります。

つねにあかちゃんのそばにいられたらいいのですが、お母さんも家事があるのでそうはいきませんよね。
そういった時はベビーベッドにいることで危険から守られているという安心感があるため、あかちゃんにとってもお母さんにとってもメリットになるのではないでしょうか。

実は床から数センチの高さというのはホコリがいつも舞っているというのはご存知でしょうか。
畳やカーペットにはダニやゴミがたくさんあるのであかちゃんにとっては不衛生な環境とも言えます。
ベビーベッドは高さがあるのでホコリからも守ってくれるという役割があります。

ベビーベッドの重要性

生まれたばかりの赤ちゃんは寝ている時間が多く、まさに寝るのがお仕事と言っていいかもしれません。
一日のうちの大半はお布団で過ごす赤ちゃんにとって、寝る場所というのはとても大切な空間です。
そしてその赤ちゃんのお世話をするお母さんにとっても使いやすいスペースであるべきなんです。

ベビーベッドを買おうと思うとまず価格を見てしまいがちですが、それよりもこだわるべきところがいくつかあります。
まず、素材と機能性が良いものを選ぶことが、赤ちゃんにとって心地良い空間であるか、お母さんにとって使いやすいスペースであるかを決めるので重要なポイントでもあります。

サイズも色々ありますが、ゆったり大きめのベビーベッドにするか、小さめでコンパクトなものにするか、標準的なものにするかなど、家の間取りも考えて選びましょう。
ベビーベッドには色々な役割があります。
一番はあかちゃんを危険なものから守ってくれるというのが重要な役割です。

ベビーベッドの必要性

生まれたばかりの赤ちゃんは寝ることがお仕事みたいなものです。
ミルクの時間以外は寝ていることも多くお布団の上にいる時間が長いですよね。
なので眠る場所というのは赤ちゃんにとってとても大事な場所で快適に過ごせる場所じゃないといけません。

そして赤ちゃんのお世話をするお母さんにとっても使いやすいスペースの方が嬉しいですよね。
ベビーベッドを選ぶときは清潔さや機能性の良さを最優先に考えましょう。
素材や価格は様々なのでどれにしようか迷ってしまいますよね。

ベビーベッドの必要性について考えてみましょう。
家の中は安全そうに見えても赤ちゃんにとっては危険なものがあふれています。
例えばアイロンやハサミなどの刃物、大人が飲んでいる薬など、赤ちゃんにとっては凶器となるものばかりです。

お母さんも家事をこなさなくてはならないので、いつもあかちゃんにつきっきりというわけにはいきませんよね。
そういった時にベビーベッドがあるとあかちゃんを危険から守ってくれる役割をしてくれるんです。