七五三のお祝い会。予算と料理ってどんな感じがいいのでしょうか?

子供の成長を願う行事として、七五三は代表的なイベントですよね。
これから健やかに育って欲しいという思いを込めて、男の子なら3歳と5歳、女の子なら3歳と7歳に七五三のお祝いをするのがしきたりとなっています。
その際に食事会を考えている場合もあるかと思いますが、七五三の食事会とは一体どのように執り行えば良いのでしょうか。

こちらでは七五三のお祝いの席での料理や会食はどのようにすれば良いのか紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

食事会の予算

七五三の際にはお参りに行った後、会食やお祝い料理を振る舞う、という流れで進行することが多いわけですが、誰がいくら払う、どんな場所で行うなど悩みは尽きませんよね。

まずは予算から見ていくと七五三の食事会の予算は、大人が3,000~5,000円。子供が2,000円程度となっています。
夜であれば、ディナー料金になりますし、お父さんやおじいちゃんはアルコールを飲みたいという方もいるかと思うので、もう少し予算が上がります。

場所は、ホテルレストランや割烹のお祝い膳を頼む方が多いです。
和食のファミリーレストランなどで、個室があるところで行うと予算が押さえられますので、おすすめですよ。

仮に、外食ではなく自宅で用意するという場合は、ママに大きな負担がかかってしまうので、あまりおすすめできません。

  • みんなにくつろいでもらえる
  • 予算が安く済む

などという理由では、もしかすると自宅の方が良いかもしれませんね。
その際に、準備が負担に感じるようなら豪華なお弁当や出前を取っても良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です