生まれてきた子供へ贈るに人気のプレゼントといえば

子供というのは親にとってかけがえのない大切な存在です。
子育ては大変な面もありますが、その大変さも思い出になります。
そんなお子さんの出産祝いとして、親から子へプレゼントを贈ることも少なくありません。

贈るプレゼントはいろいろなものが考えられます。
名前の詩はお子さんの名前を使ったポエムです。
スタッフが考えてくれたポエムと可愛いイラスト。
世界に1つしかないオリジナルのプレゼントとなっています。

お子さんの名前をどう使うのか、実はポエムの頭文字に名前の文字を1文字ずつ使う仕組みです。
例えば、「あおい」という名前の女の子なら「あ、お、い」の3文字がポエムの先頭に来るようになっています。
先頭の文字を順に読むことで、名前が浮かび上がるわけですね。

ポエムを贈るだけでなく、大切なお子さんの名前もしっかり入れることができるのが名前の詩の大きな魅力です。
産まれたばかりのお子さんはまだ字を読むことができません。
でも、将来字が読めるようになった時に詩を読んで、親の愛情を感じることになるでしょう。
長い時間を経て、親の気持ちが子供へと伝わる素晴らしいプレゼントです。

さらにポエム制作にあたっては、注文する方の希望も取り入れてくれます。
こんな言葉を入れてほしいなどのリクエストがあれば、それに応えてくれます。
自分の想いもポエムに込めることができるというわけです。

友人の出産祝い

友人が出産したので、何かお祝いの言葉を贈りたい!でも何を伝えれば…と迷ってしまうときってありますよね。
僕がいつも気を付けていることは、大きくわけて2つあります。

  • 「アドバイスをする」ということ。
  • 「尊敬や憧れの言葉を伝える」ということ。

「アドバイスをする」は既に子供がいる人にとって、伝えやすいメッセージではないでしょう。
たとえば、友人は初めての子供を出産し、あなたは既に1人以上の子供を育てている、
つまり先輩パパ・先輩ママであるとします。
そうすると、友人よりも先に出産や子育てを経験しているわけですよね。

そこで経験した、嬉しかったことやつらかったことを友人に伝えてみてはいかがでしょうか。
出産の大変さ、育児の大変さ、その中でも嬉しかったことなど、先輩として伝えられることはいくつもあるはず。

「たくさん伝えすぎる」ことや「上から目線」になることに気を付ければ、きっと友人にとってはありがたいアドバイスとなり、最高のお祝いメッセージになるでしょう。
「尊敬や憧れの言葉を伝える」は子供を育てた経験がない人にとって、伝えやすいと思います。
自分は子供を産んだり育てたりしたことはないけど、
同じ年齢もしくは近い年齢である友人が、今そこに挑戦しようとしている。
これは尊敬すべきことですし、人生の一大イベントです。

そういった、自分が経験していないことへの尊敬の念を伝えると、友人もきっと喜んでくれるのではないでしょうか。

私は既婚ですが子供はまだいません。
友人の中には子供を何人か育てている人もいるのですが、やっぱり尊敬しますよね。
そういった思いをぜひ伝えてみてください。

友人の出産祝いには、「アドバイスかリスペクト」と覚えましょう!