職場の同僚へのお祝い。二人目の出産祝いには何が喜ばれる?

二人目の出産祝いを贈る相手が職場の同僚である場合のポイントは、相手との関係性や周囲とのバランスを考えることにあります。
また、自分に子供がいるのなら、相手から出産祝いを受け取っていたかを必ず確認しておきましょう。
もしも相手から受け取っていた場合には、マナーとして出産祝いを贈ることは必要ですが、受け取っていなければ一般的な関係性や周囲に合わせる贈り方で構いません。

同僚として親しい間柄なら、自然と二人目の出産祝いをしたい気持ちになることもあるでしょう。
一人目の出産祝いをしていた場合には、同額になるように注意することがポイントとなります。
出産祝いは一人目と二人目で異なる額にならないように配慮することが基本的なマナーとされているため、特に二人目が少ない金額にならないように気をつけておきましょう。
ただ、この場合に周囲の同僚が誰もお祝いをしないのに、自分だけが二人目の出産祝いを贈ることになるのであれば、あまり高額なものにならないよう配慮してください。

周囲の人たちもその同僚に二人目の出産祝いを贈るようであれば、事前に打ち合わせをして皆でひとつの品物を贈る方法もあり、高価な品物を選ぶことが可能となります。
相場としては同僚の場合、2000円から3000円、高くても5000円程度にしておくようにしておきましょう。

ママに贈ることもおすすめです。今色々と商品が溢れるくらいあって、探せば喜ばれるものもきっと見つかりますよ。大抵の場合出産祝いは赤ちゃんにめけたものが多いのでね。例えばファッション系でいえば、子育てママのアクセサリーショップレスブリスなんてのもいいのではないでしょうか?特にレスブリスのスマホストラップが人気です。

上司から部下に贈る時には1万円程度の品物を選ぶことをお勧めします。
同僚への二人目の出産祝いは、あまり張りきりすぎずにあくまで周囲と合わせることがポイントです。

一生に一度の思い出だから卒園はディズニーホテルでお祝いしよう!

子供にとって幼稚園や保育園の卒園式は一生に一度のことですよね。
子供が成長するにあたって一生に一度の思い出、節目となる出来事のときには何かしらの形でお祝いをしてあげたいと思うのが親心です。
今小さくても、あっという間に中学校、高校、大学、結婚とライフイベントが次々に起こっていくので、今の子供との時間はまさに今しかないのです。
そこで、最高の思い出を作るために、今回は卒園祝いでディズニーホテルでお祝いすることをおすすめします。
一生に一度の卒園祝い、ぜひ豪華なディズニーホテルで心ゆくまでお子様に喜んでもらってはいかがでしょうか?

ディズニーホテルでは誕生日、結婚記念日など様々なお祝いごとを祝ってくれるプランが存在します。
レストランで美味しいメニューを囲んでみんな笑顔になったり、客室で家族そろってゆっくり過ごしたり、パークで思いっきり遊んだり、ディズニーホテルでは素晴らしい特別な時間を過ごすことができます。
卒園祝いには「ユア・ハッピーデープラン」というのがおすすめです。

こちらのプランでは、お食事はもちろん、家族で記念写真が撮れたり、オリジナルフォトブック、オリジナルメダル、オリジナルケーキがついたお得な内容です。
もちろん、ディズニーモチーフが嬉しいお部屋にそのまま宿泊することも可能ですし、お部屋にオリジナルケーキを届けてくれたり、フラワーアレンジメントを届けてくれたりと、まさに至れり尽くせりのプランとなっていますよ。
開園15分前に入って、一部のアトラクションを一足早く体験できるなど、特典も盛りだくさんなので、ぜひお子様のためにこちらのプランを体験されてみてはいかがでしょうか。

今すぐ歌いたい!子供と楽しく歌える遊び歌3選

子供と一緒に歌を歌おうと誘われたことはあるでしょうか?
きっと幼稚園や保育園に行っている子供ならそこで習った歌を家に帰っても歌う、ということが多いと思います。

大人が知らない歌でも、子供が口ずさんでいるうちにいつの間にか覚えたという経験はありますか?
こちらでは楽しく歌える子供向けの遊び歌をいくつか紹介していきます。
声を出して歌うということは楽しい気分になりますし、頭にも良いので、ぜひ試してみてくださいね。

手遊び歌

特に歌いながら手も使う「手遊び歌」はとても楽しく、子供が歌うと可愛らしいですよね。
「グーショキパーでなにつくろう」はとても有名で誰もが知っているのではないでしょうか?
歌の名前通り、グーチョキパーでカニやカタツムリ、ヘリコプターなどを作って遊ぶ歌です。
幼稚園、保育園では必ずと言っても良いくらい歌うことがあるのではないでしょうか。

ミッキーマウスマーチ

ディズニー好きの子供には「ミッキーマウスマーチ」がおすすめ。
1から5の数字と手を使ってディズニーの仲間達を作り出します。
1はピノキオ、2はドナルドダック、3はチップとデール、4はダンボの耳、5はミッキーマウスとなっています。
とても可愛らしいし、簡単なので子供も楽しく歌って覚えるのではないでしょうか。

ひげじいさん

最後に、「ひげじいさん」の歌はいかがでしょう?
これにはアンパンマンと普通のバージョンがありますが、圧倒的に子供に人気なのはアンパンマンバージョンです。
アンパンマンをはじめ、アンパンマンの仲間達が歌に登場します。

そんな可愛らしい子供たちの姿を記念写真に納めませんか?
オススメは、スタジオエイメイです。
東京都内に3店舗構えている写真館なので、便利に使えますよ。

生まれてきた子供へ贈るに人気のプレゼントといえば

子供というのは親にとってかけがえのない大切な存在です。
子育ては大変な面もありますが、その大変さも思い出になります。
そんなお子さんの出産祝いとして、親から子へプレゼントを贈ることも少なくありません。

贈るプレゼントはいろいろなものが考えられます。
名前の詩はお子さんの名前を使ったポエムです。
スタッフが考えてくれたポエムと可愛いイラスト。
世界に1つしかないオリジナルのプレゼントとなっています。

お子さんの名前をどう使うのか、実はポエムの頭文字に名前の文字を1文字ずつ使う仕組みです。
例えば、「あおい」という名前の女の子なら「あ、お、い」の3文字がポエムの先頭に来るようになっています。
先頭の文字を順に読むことで、名前が浮かび上がるわけですね。

ポエムを贈るだけでなく、大切なお子さんの名前もしっかり入れることができるのが名前の詩の大きな魅力です。
産まれたばかりのお子さんはまだ字を読むことができません。
でも、将来字が読めるようになった時に詩を読んで、親の愛情を感じることになるでしょう。
長い時間を経て、親の気持ちが子供へと伝わる素晴らしいプレゼントです。

さらにポエム制作にあたっては、注文する方の希望も取り入れてくれます。
こんな言葉を入れてほしいなどのリクエストがあれば、それに応えてくれます。
自分の想いもポエムに込めることができるというわけです。

友人の出産祝い

友人が出産したので、何かお祝いの言葉を贈りたい!でも何を伝えれば…と迷ってしまうときってありますよね。
僕がいつも気を付けていることは、大きくわけて2つあります。

  • 「アドバイスをする」ということ。
  • 「尊敬や憧れの言葉を伝える」ということ。

「アドバイスをする」は既に子供がいる人にとって、伝えやすいメッセージではないでしょう。
たとえば、友人は初めての子供を出産し、あなたは既に1人以上の子供を育てている、
つまり先輩パパ・先輩ママであるとします。
そうすると、友人よりも先に出産や子育てを経験しているわけですよね。

そこで経験した、嬉しかったことやつらかったことを友人に伝えてみてはいかがでしょうか。
出産の大変さ、育児の大変さ、その中でも嬉しかったことなど、先輩として伝えられることはいくつもあるはず。

「たくさん伝えすぎる」ことや「上から目線」になることに気を付ければ、きっと友人にとってはありがたいアドバイスとなり、最高のお祝いメッセージになるでしょう。
「尊敬や憧れの言葉を伝える」は子供を育てた経験がない人にとって、伝えやすいと思います。
自分は子供を産んだり育てたりしたことはないけど、
同じ年齢もしくは近い年齢である友人が、今そこに挑戦しようとしている。
これは尊敬すべきことですし、人生の一大イベントです。

そういった、自分が経験していないことへの尊敬の念を伝えると、友人もきっと喜んでくれるのではないでしょうか。

私は既婚ですが子供はまだいません。
友人の中には子供を何人か育てている人もいるのですが、やっぱり尊敬しますよね。
そういった思いをぜひ伝えてみてください。

友人の出産祝いには、「アドバイスかリスペクト」と覚えましょう!

ベビーベッドを選ぶポイント

一日の大半を寝て過ごす赤ちゃんは、寝るのがお仕事です。
ベッドで多くの時間を過ごす赤ちゃんにとって、そのスペースが清潔で快適な空間である必要があります。
そして、赤ちゃんのお世話をするお母さんにとっても重要なスペースで、使いやすい空間である事が大事。

赤ちゃんのベビーベッドは色々あって、どのようなものを選んだらいいか迷ってしまいますよね。
皆さんそれぞれ選ぶ基準は様々だと思いますが、人気があるのはどのようなタイプなのでしょう。

機能で選ぶとすれば、何といってもお母さんが使いやすいタイプ。
組み立てやすさも選ぶポイントとなりますよね。
高さが高めのベビーベッドだとおむつ替えの時や、赤ちゃんを抱き上げる時に腰や膝に負担がかからないのが嬉しいですね。

ベビーベッドの下に収納があるタイプは、使い勝手が良いものが人気のようです。
カラーもたくさん種類があるので、家具などに合わせ購入することができます。

人気のベビーベッド

赤ちゃんにとってベビーベッドは、様々な危険から守ってくれる大切なもの。生まれたばかりの赤ちゃんは眠っている時間が長いので、ベビーベッドで過ごす時間は多くなります。大半はベビーベッドで過ごすといっても過言ではありません。

どのようなベビーベッドを選ぶかによって、赤ちゃんが居心地のよい空間を作れるかどうかが決まります。それだけではなく、実はお母さんにとっても大事。赤ちゃんのお世話をするお母さんは、使いやすいベビーベッドの方がありがたいに決まっていますから。

赤ちゃんにとって居心地がよく、お母さんにとって使いやすいベビーベッドとはいっても、種類は豊富。どのようなものを選ぶか迷うところではあります。最近ですと、ベッドの下に収納があって、スノコ床タイプのものが人気のようです。赤ちゃんのおもちゃや洋服などをしまっておけて、使い勝手がいいですからね。

素材は天然木でできているものが好まれています。木の香りに癒されるのは、お母さんだけではなく赤ちゃんも同じのようですね。

安全なベビーベッドについて

可愛い我が子にはやはり安全な場所にいてほしいし、安心して寝かせられる場所は必要ですよね。
眠っている時間が長い赤ちゃんにとってはベビーベッド選びはとても重要です。
カラーは様々あるので家具と合わせて購入するという人は多いようですが、ベビーベッドを選ぶ上で一番重要なのは安全性ですよね。

たくさん種類があるのでどれを選んだらいいかわからないし、どれもそんなに変わらないのでは?と思われがちですがそうでもないんです。
素材は何でできているか、木でできているのかプラスティックでできているのか、高さが低いか高いか、大きいか小さいかによって赤ちゃんの居心地の良さは変わるし、お世話をするお母さんの使いやすさも違ってきます。

安全性にこだわっているところですと、試験を何度も行ったり、世界で最も厳しい安全基準に適合するような商品を扱っているところもあります。
赤ちゃんの成長は早くてベビーベッドを使用する期間も少ないということで最近ではレンタルで済ます人も多いようです。

様々なタイプのベビーベッド

赤ちゃんが生まれるとなったらまず購入を考えるのがベビーベッドですよね。
ベビーベッドが家にあると子供が生まれるという実感がわいてくるものです。
赤ちゃんは眠っていることが多いので快適に過ごせるよう、ベビーベッドを選ぶのは慎重にしたいものです。

とはいっても様々な種類があるのでどれがいいのか迷ってしまいますよね。
最近では多機能のベッドも増えましたがどのようなものがいいのかはそれぞれの家庭によって変わってきます。

安全性を考えるならネットタイプがおすすめです。
4面がネットでできているので、転んでも頭を打っても安心できそうです。
添い寝タイプは大人のベッドとくっつけることが可能なので、夜泣きをした時など、寝ていてもすぐに対応することができるので便利です。

多機能型だとサークルに変身したり棚にすることができたり色々使い勝手がいいのでお世話をするお母さんにとっては使いやすそうですね。
多機能となるとお値段が気になりますが、やはり自分の子供には良いものをと考える方が多いので人気はあります。

●トピックス、母子手帳ケース

大事な母子手帳はどのように保管していますか?
やっぱり母子手帳ケースが簡単でオシャレ。

いろいろ使えるベビーベッド

我が子を寝かせるベビーベッドは清潔感や素材にこだわりたいですよね。
最近では多機能性のベビーベッドが出てきたので赤ちゃんのお世話をするお母さんも快適に使うことができるようになりました。
4WAYタイプなんていうのもあって、ベビーベッドとしても使えますが、ベビーサークル、収納ラック、キッズデスクにもなるものも!

子供の成長は早くて、赤ちゃんでいる間はほんの少しです。
あっという間に大きくなって洋服もすぐに着れなくなったり、せっかく買ったベビーベッドも使うのは少しの間だけ。
ですが、大きくなってからも使えるような多機能なものなら買って損はないという気になりますよね。
キッズデスクに使えたり収納に使えたりするならとても便利です。

一番気になるのが安全性だと思いますが、やはり日本で生産されてるものの方が人気があるようです。
高さの調節ができるタイプはお母さんの腰の負担を減らせるのでありがたいですよね。
機能性だけでなくデザインも可愛いものが多いのでお部屋の家具と合わせてコーディネイトされている方も多いようです。

ベビーベッドの基本的な大きさについて

赤ちゃんのためにまず用意するものといったらベビーベッドですよね。
大きいものですし値段も安くないので慎重に選びたいところです。

大きさは色々あって、小さいものですと60×90cm、63×100cmくらい、だいたい標準サイズが70×120cm、そのほかですと伸長型があります。
赤ちゃんの成長に合わせて大きさを変えることができたり、お世話をするお母さんの腰の負担を減らすために高さを調節できるものもあります。

最近ではベッドの下が収納になっていることが多く、おむつやおもちゃをしまうことがでは便利ですが、掃除をする際にベビーベッドを動かしにくいという方には下に隙間が空いているタイプのほうが掃除機のノズルが入れやすいのでおすすめです。
どちらを選ぶかは住んでいる環境によっても変わってくるかもしれません。

赤ちゃんがアレルギー体質の場合は無塗装、無着色のベビーベッドを選んだほうがいいと思います。
様々なタイプのものがあるのでよく考えてから購入しましょう。